エアーインパクト

エアーインパクトとは、エアーの力で動作する、ボルトやナットを締め付けるレンチや、ビスをネジ止めするドライバー器具です。
回転方向に打撃を加える事で、高トルクで短時間に作業が可能になり、動力源はエアーとなるので、エアーホースでコンプレッサーに接続して使用します。
エアー駆動であるため、本体が加熱しない、耐水性が高い、引火・関電のリスクが低いという利点があります。

エアーインパクトの種類は、大きくハンマー式とトルクコントロール式に分けることができます。
ハンマー式は、シンプルでメンテナンスし易い構造になっていますが、ハンマーの打撃音が高く、トルクコントロールが出来ないなどの欠点があります。
トルクコントロール式は、トルクコントロールが可能になっていますが、エアーを大量に使用する、複雑な構造になっているなどの欠点があります。

エアーインパクトの形状は、ストレート型、ピストル型、コーナーアングル型など様々な形状があり、作業用途や、締め付けるビス・ネジなどの形状によって使い分けることが出来ます。

エアーインパクトは、可動部分や、パッキン等を使用しているため、定期的なメンテナンスが必要で、グリスの焼きつきや、パッキンの緩みが発生すると、本来の動作をしなくなります

メーカー

MAX ベッセル
マキタ 空研
日立工機