丸のこ(集塵含む)

電動丸ノコは、電気を電源とした鋸です。ブレード(円形のノコギリ)をモーターで回転させ、材料を、直線に切断する為に使用します。電動ノコには、ジグソーもありますが直線を切断する場合は、遥かに早く切断することが出来ます。

ブレード部分を交換することで、木材・プラスチック・金属・コンクリート・レンガなど様々な素材を切断することが出来ます。
ブレードのサイズは、100mmから190mmが主流です。
切断時に発生する切り粉を吸い出す小型の掃除機を備えた、集塵機能が付きの物もあります。
工場など、大量の材料を切断する際には、据え置き型の丸ノコを使用し、作業現場では携帯型の丸ノコを使用します。また、携帯型の丸ノコには、商用電源だけでなくバッテリーで動作するタイプもあります。

電動ノコギリは、ふとももや指等に受傷する危険が高く、作業時には、細心の注意が必要です。
軍手や、袖がたるんでいる上着を着用して作業をすると、ブレードに巻き込まれて受傷する可能性が高くなります。
また、使用中に丸ノコが弾かれることが無いよう、現場を整理整頓しておくことが必要です。

切断する素材によっては、保護具が必要となります。
コンクリート等の粉塵が発生する材料を切断する際には、保護メガネや保護マスクが必要です。
鉄材などを切断する場合は騒音が発生しますので、イヤーマフや耳栓を使用して耳を保護する必要があります。

メーカー

MAX エボリューションパワーツール
ボッシュ マキタ
リョービ 新ダイワ
日立工機