レジプソー

メーカー

ボッシュ レッキス工業
日立工機  

レジプソーとは、正式名称はレシプロソーのことを指します。電気などの動力を使い、鋸刃を往復運動させることによって、金属、木材などを切断する用途で使用します。別の呼称として「セーバーソー」とも呼ばれています。

レシプロソーは、建築業や木工業などで使用され、開口工事での金属や、木材の切断に使用され,動力となる装置の種類も様々な製品があり、切断作業に高いパワーが必要になるという性質上、交流電源式(電源コードがある)が一般的ではありますが、携帯して作業ができるよう、充電して使用する直流電源方式(充電池など)の製品もあります。

レシプロソーは、動力部分であるモーターと、ブレードを振動させるスイッチ、対象物を切断するブレードの構成となっており、動力は電気による製品が多いのが特徴です。また、振動させるスイッチは、製品によって安全装置が備えられている物や、スピードをコントロールできる機能がある製品もあります。

ブレードは、切断する素材に合わせて選定します。主に木材用・金属用・ステンレス用などが挙げられます。切断する素材によって、使用する刃の形状や、適切なブレード素材が異なるため、用途に合ったブレードを装着します。

レシプロソーの使い方は、切断する素材に合わせてブレードを適した物を装着し、必要に応じてグリップを取り付け、切断する長さを調整します。動力スイッチ(トリガー式が一般的)を押すとブレードが往復運動と振動しますので、その力を利用して対象物を切断していきます。場合によっては騒音、粉塵が出る場合がありますので、作業に取り掛かる前に周囲の確認をし、注意して使用して下さい。