トランサー

トランサーとは、電圧を変換するものでトランスとも呼ばれます。
工事現場では、適合する電圧の電源がない場合などに使用します。
例えば、作業現場に200Vの動力電源しかない場合は、そのままでは100Vの器具は使えないため、200Vから100Vへ変換するトランサーを使用します。

トランサーは、入力側と出力側にコイルがあり、それぞれを鉄心の輪に巻きつけることで電磁誘導を起こし電圧を変換します。
入力側のコイルの巻き数と、出力側のコイルの巻き数の比率で電圧が変わります。
例えば、1次入力側が200Vので200巻のコイルで、2次出力側が100巻の場合、2次出力側では100Vの電圧が発生します。
トランサーの内部は、前述の通りコイルや鉄心ですので、かなりの重量があります。移動や設置場所には注意をする必要があります

トランサーには、据え置き形のトランサーと、持ち運びが出来るポータブルトランサーもあります。
安定した電源が供給できるように、ノイズを除去するトランサーもあります。
また、サーキットプロテクターやブレーカー、ヒューズなどの保護装置が付いおり、規格以上の負荷が掛かると停止するようになっています。

トランスを使用する際は、電力会社との電力契約を確認する必要もあります。契約は使用条件に合わせて設定されていますので、使用方法が一致していない場合、違約金の支払い等が発生する場合があります。

メーカー

スター電器製造 フジマック
リョービ 育良精機
日動工業