充電インパクトドライバー

充電インパクトドライバーとは、充電池で動作する電動ドライバーです。
充電インパクトドライバーは、使用中にある程度以上の負荷が回転方向に掛かると、ドリルの軸を中心に回転方向に叩きながら回転します。
充電インパクトドライバーの叩きつける為の動作は、ラチェット式のおもりで回転に合わせて叩きつけるものと、モーターの極性を瞬時に入れ替えて打撃を与えるものがあります。
これにより、通常の電動ドライバーよりも強力に締め付けることが出来まるようになります。

現場に電源が来ていない場合などや、高所や閉所などで電源ケーブルがあると取り回しが面倒な場合によく使われます。
締め付ける強さは段階が設定出来るものがあります。
小径のネジの締め付けは弱い力で、石膏ボードの貼り付け中くらいの力で、長ネジ、ボルトの締め付け強い力でなどの使い分けが出来ます。
締め付けの力が強いため、柔らかい木材への締め付けは、不向きです。
ビットをボックスレンチに変更すれば、ボルト・ナットの締め付けも可能になります。

充電池の特性で、低温の場所では正常に作動しないこともあります。
本体も、充電器も連続使用は動作不全や故障につながるので、定期的な休止が必要となります。
また、電池には寿命があります。購入時の半分程度の時間しか持たなくなったら寿命です。

メーカー

MAX パナソニック
ボッシュ マキタ
リョービ 日立工機