呼吸用保護具

参考資料

粉じん障害を防止するため事業者が重点的に講ずべき措置 防じんマスクの選択、使用等について
粉じん障害防止規則  

メーカー

シモン ミドリ安全
3M 興研
山本光学 重松製作所
東洋物産工業  

呼吸用保護具とは、呼吸器官を保護することが目的の保護具の一種で、体内に有害な毒素や粉塵などの呼吸器に影響のある物質の吸入を防止するために使用します。呼吸用保護具には、「給気式」と「ろ過式」があります。

給気式は、空気や酸素を作業している環境とは違う環境から送り込む方式で、作業環境の酸素が不足していても有効です。

ろ過式の場合、空気中の有害な物質の吸入を防止することができますが、酸素を供給する機能は備わっていないため、酸素が不足している環境では使用することができません。

呼吸用保護具をイメージしやすい製品として、ガスマスクや防塵マスクが挙げられます。建築・解体などの作業現場で使用するマスクとして一般的なのは、塵や埃の吸入を防止する防塵マスクです。防塵マスクの形状として、顔全体を覆う全面形と、鼻と口付近のみを覆う半面形があり、種類は大きく分けて取替え式と使い捨て式があります。

取替え式防塵マスクとは、マスクを使用したことによって機能の損傷が見られる場合に、部品の交換や手入れによって機能を回復させることができ、再利用できるマスクのことを指します。また、取替え式防塵マスクは、着用する人が使い心地を簡単に検査できるマスクを使用することが規定されているようです。

使い捨て式防塵マスクは、作業等により機能を損傷した場合、マスク本体自体を新品と取り替えることを前提としたマスクのことを指します。また、取替え式防塵マスクには、隔離式と直結式がありますが、隔離式は、作業する際にかさ張ってしまうため、現在では、フィルター性能が良くなってきたこともあり、使用されている防塵マスクは直結式が多くなっているようです。