脚立

メーカー

アルインコ ナカオ
ピカコーポレイション 長谷川工業

脚立とは、二つのはしごをハの字に合わせ地面に自立できるようにしたものである。高さが80cm以下で安全に乗れる大きさの天板があるものは踏み台というが、脚立は80cm以下であっても天板に乗ることはできない。

脚立の種類には、脚立としての用途に限られる専用脚立と、開いて伸ばすとはしごとして使える兼用脚立とがある。脚立の素材には、値段が安く軽量のアルミ製と、しなりにくく絶縁性が高いグラスファイバー製のものがある。アルミ製にはアルマイト加工されたものと、無加工のものがある。アルマイト加工された脚立は摩擦に強く傷がつきにくい、光沢性があるなどの特徴があり、無加工のものより価格は高い。電気工事などで使う場合は、電気を通さないグラスファイバー製のものが良い。

高い場所からの落下事故のうち、3分の1ははしごや脚立の誤った使用によるものである。脚立を使用する者は安全に使用ができるよう、十分な知識と訓練が必要である。脚立を安全に使うには、脚立にまたがらない、天板には乗らない、上り下りの際には荷物を手にもたない、開き止めを両側にかける、体を乗り出さない、開いてはしごのように使用する場合は補助者にささえてもらう、段差のない平坦な場所で使用するなどの点を守る必要がある。