ローリング

メーカー

ピカコーポレイション 長谷川工業

ローリングとは、ローリングタワーとも呼ばれており、枠組足場の種類の一つで、移動式の足場のことを言います。

ローリングタワーは、板・階段、キャスターを取り付け、それらを組み合わせて使用します。簡易的な高所作業に使用され、比較的短期間での作業に用いられることが多いようです。また、ローリングタワーは、組立てる段数によって高さが異なり、高さによって使用条件が異なります。2m以上の作業床は、手摺が必ず必要となり、5m以上の組立・解体作業には、足場の組立て等作業主任者の監督が必要となります。

詳しい規則は、労働安全衛生規則にローリングタワーについての規制が記されていますので、そちらを参照すると良いでしょう。規制されている項目は大まかにはローリングタワーの高さ、積載荷重について、使用する際の注意点についてです。

ローリングタワーは、やぐら組の足場を組立てた状態で、足場自体を移動させる事ができるのが特徴で、移動しながら高所作業をすることができます。製品の中には高さを調節できるように、組立て部品の一部が油圧式となっている場合もあります。

製造されているローリングタワーは、組立段数の高さや、ローリングタワーの素材、組立て部品の数によって価格帯が異なります。鋼製の製品や、アルミ合金パイプでできている物など、様々な種類がありますが、購入時の注意点として、労働安全衛生規則(足場等関係)における、「足場、架設通路及び作業構台からの墜落防止措置等に関する規則」が、平成21年6月1日に改定となっていますので、この規則改定に対応しているローリングタワーを選ぶのが良いでしょう。

また、長期的な使用を想定しており、使用用途が限定されない場合、足場の安定性が良い物が好評のようです。使用する路面状況がアスファルトなどの滑らかな場所以外の時に、安定性が悪い製品を選ぶと転落などの可能性があるため、注意が必要となります。