フォークリフト

メーカー

トヨタL&F 小松製作所
日産フォークリフト TCM
三菱重工フォークリフト 住友ナコ

フォークリフトとは、荷物を運搬することを目的としている産業車両のことを言います。また、ISOではforklift truckと呼んでいます。
JIS D 6201では、「フォークなどを上下させるマストを備えた動力付き荷役運搬機械の呼称」と規定しており、
1.フォークなどの貨物を保持する装置が装備されていること。
2.マストを保有する。
3.動力を持って走行、フォークなどの昇降を行う。
これはハンドリフトなどの産業車両と区分するために、この3つの構造を満たすものをフォークリフトと定めているようです。

フォークリフトはアメリカで1920年に開発されました。
日本輸送機製作所が1939年、「腕昇降傾斜型運搬車」を日本で開発しましたが、普及はしなかったと言われています。
第二次大戦後、進駐軍がフォークリフトを持ち込んだことにより注目が集まり、国内の様々なメーカーによって開発されて現在に至ります。

フォークリフトの種類としてJIS D 6201で規定されている分類は、外見形状による分類、動力による分類、車輪タイプによる分類、操縦方式による分類と、4つに分けられ、区分されています。

フォークリフトの特徴として、前方にフォークがでており、そのフォークをパレットに差し込んで持ち上げ、移動するのが一般的な使い方です。

フォークをある一定以上上げると、支柱が2段または3段階に伸び、高い場所の荷物も扱うことができます。
一般的なフォークリフトは後輪操舵となっていることが多いため、普通自動車の運転と違い、コツが必要となります。
また、基本的に短距離の荷役の運搬を目的としているため、最高速度が低く設定されており、一般的に20〜35km程度のスピードしかありません。

フォークリフトは、一般的には荷役の運搬を目的としていますが、その運搬方法をアタッチメントをつけることによって様々な物を運搬できるようになっています。フォークにさらに長いフォーク(鞘と呼ばれる)を装着したり、クランプを装着して印刷物を掴んだりと様々な業界で使用することができるのです。