環境リサイクル機械

メーカー

日立建機 小松製作所
キャタピラージャパン コベルコ建機

環境リサイクル機械とは、建設現場や解体現場などから発生する廃棄物を再利用可能にする機械である。
建設現場などでリサイクルを行う機械として、自走式クラッシャー(コンクリートガラなどを破砕し路盤材や埋め戻し材として再利用可能とする)、自走式木材破砕機(間伐材や解体家屋などの廃木材をチップに加工し再利用可能とする)、自走式スクリーン(材料をふるい選別)、自走式土質改良機(原料土を高品質な土質に改良)などがある。

自走式のリサイクル機械が建築物解体現場で稼動した場合、ダンプカーなどで現場の外に搬出し最終処分場で産業廃棄物として処分する方法に比べて総エネルギー投入量や二酸化炭素排出量、窒素酸化物排出量が少なく、環境への負担を大きく減らすことができる。また、ダンプ搬出や埋め戻し資材購入費などが不要となるため、コストダウンにもつながる。

近年、環境リサイクル機械を現場で使用して建設廃棄物を現場内で砕き、現場内に埋め戻しや路盤材として再資源化する現場循環型工法が開発された。しかし、自走式リサイクル機械の設置申請基準が各自治体ごとに異なり、建設廃棄物の出元と欲しい人を繋ぐ連絡体制が整備されていないなどの点から、自走式環境リサイクル機械を利用した現場内処理が進んでいない。建設廃棄物の有効活用のためにも環境リサイクル機械を利用した現場循環工法を促進させることが、循環型社会の構築には必要である。