ラフタークレーン

協会

日本クレーン協会 全国クレーン建設業協会

 

メーカー

加藤製作所 タダノ
コベルコクレーン  

ラフタークレーンとは、ラフテレーンクレーン(rough terrain crane)とも呼ばれ、荒れた地形などの不整地でも作業及び走行できる自走式のクレーンである。2軸4輪駆動式で、1つの運転席で走行(オートマティック)とクレーン作業を行う事ができる。前2輪躁向、後2輪躁向、4輪躁向、かに躁向の4種類の躁向方式を備えているため、大型のクレーンが入れない狭い場所や悪路、住宅街などでの吊り上げ作業を得意とする。1つのエンジンを駆動源として走行・旋回・吊り上げなどの全ての動作を行う。

吊り上げ能力は2t〜10t、25t、50t、70tと種類が豊富で、使用用途に合わせて選ぶことができる。伸縮式で大きさの順番にブームが納められているテレスコピックブームを装備しているので、ブームの組み立てが不要であり、現場到着後すぐに作業が開始できる状態になる。ブームは伸縮する柱状で、最大40m以上伸ばせるものもあるが、これをもとの長さ(6m〜10m)に納めることができるので、公道での走行が可能となる。
しかし、走行性を高めてしまうと、急ブレーキの際にブームがぶれて横転する危険があるため、ほとんどのラフタークレーンが最高時速50km/h(カタログでは49km/h)となっている。そのためエンジンが小さいぶん車両のコストダウンとなっている。

吊り上げ荷重5t以上の移動式クレーンの運転操作には移動式クレーン運転士の免許が必要であり、1t以上5t未満のものは小型移動式クレーン運転技能講習を修了する必要がある。0.5t以上1t未満のものは、特別教育を修了する必要ある。公道を走行する際には大型特殊自動車免許が必要であり、大型のものが公道を走行する際には道路管理者の特殊車両通行許可が必要である。