シャックル

シャックルとは、玉掛処理などをする際に、ワイヤーやチェーンを繋ぐために使用する器具です
ワイヤー等をかける本体と、締め付けるボルトで部品が構成されています。

シャックルは、外形でストレート形(U字の形をしたもの)とバウ形(中央部が丸くなっているもの)の2種類に分けられます。
ストレート形は軽量・安価です。一方バウ形は、中央部が広いため、複数のロープを掛ける事に適しています。

シャックルの固定の仕方は、ボルト・ナットで締め付ける方法と、ネジ込み式がります。ボルト・ナットタイプを使用する場合は、ボルトの滑落防止のために、割ピンを使用します。
シャックルの材料には、ステンレス・焼き入れ鉄・電気メッキなどが主に使われています。

シャックル仕様上の注意点は、使用する荷重を厳守することです。
シャックルは、使用荷重やメーカー等を刻印する事が義務付けられています。刻印が無いものは使用荷重や材質が不明であるため、事故が発生する危険があるため使用してはいけません。

シャックルにロープをかける際は、ロープ同士が重ならないようにします。ロープが重なると、荷重でロープが損傷し落下事故につながります。
また、動索側のロープをボルトにかけると、ロープが動くのに合わせてボルトが回転し外れることがあります。動索側のロープは、本体側に必ずかけるようにします。

オーエッチ工業 スリーエッチ
関西工業 浅野金属工業
大洋製器工業