ウインチ

トーヨーコーケン ユニパー
リョービ 新ダイワ

ウインチ(winch)とは、運搬や物品の上げ下ろしに使用する機械のことを指し、「巻き上げ機」とも呼ばれています。建築現場などでは、主に重量物に対して使用されており、動力によってゆっくりとドラムにワイヤーロープを巻き付けて回転させ、対象物を運搬します。

ウインチの形状は、トンネル掘削や鉱山などで見られる構造物に、直接固定されている定置型と、ハンドウインチや吊り下げ式ウインチといった、持ち運び可能となっている製品があります。また、車両等に搭載されているオンボード型ウインチもあります。

ウインチは、手動で使用するタイプの製品もありますが、一般的にはエンジンや電気を動力とする物が多く、重量物に対して使用され、リモコンの操作によってワイヤーロープを巻き付けたり、緩めたりできる製品が多いです。

ウインチを作動させる動力源の種類として、電動式・油圧式・空圧式・エンジン式などがあります。また、ドラムの形状の違いで分類することもでき、1つの原動機で1つのドラムを使用する単胴、何本かのワイヤーを同時に巻きつける双胴、1つの原動機で複数のドラムを使用できる複胴、摩擦力で、引っ張ったり緩めたりすることにより、物を引き寄せるワーピングドラム、摩擦力で荷物を駆動させる摩擦ドラムがあります。

ウインチの原理は、昔から存在しており、井戸水などの組み上げをイメージすると、その仕組みがわかりやすいと思います。現在では、小型の物から大型の物まで多種多様なウインチが開発・製造されており、運搬、引張り作業を行う対象物によって使い分けることができます。

使用するときの注意点として、定置型の場合、路面などに据え付けして使用しますが、ウインチの最大荷重内であっても、壁や床の強度によっては、ウインチが設置部分から外れてしまったりするケースもあるので、ウインチの動力だけではなく、据付箇所にも注意をする必要があります。