ワイヤー

オーエッチ工業 スリーエッチ
テザックワイヤロープ 大洋製器工業

ワイヤーとは、鋼の素線のことを指し、ワイヤーで作られた綱のことをワイヤーロープと呼びます。ワイヤーロープは、一般的に素線を何本にも撚り合わせたストランドを、芯となっている綱の周囲に一定間隔で撚り合わせることによって作成されています。

ロープウェイやつり橋などに使用されているワイヤーロープのことをワイヤーケーブルと呼ぶこともあるようです。ワイヤーを撚らず、平行に束ねた平行線ケーブル等に関しては、引張力には優れていますが、それ以外の用途で使用することは少ないと言えるでしょう。

ワイヤーロープは、建築作業にはもちろん、運送業や林業、漁業など、大変幅広いジャンルで使用されています。建造物への使用、荷物の運搬時の使用、林業では丸太の運搬など、ワイヤーロープは幅広い使用用途があり、使い方は業界によって様々です。主に構造物などに使用されている場合は静索、運搬機械等に使用されている場合は動索と呼びます。

ワイヤーロープの素材で使用されるのは、鉄と炭素の合金で作られた物や、スレンレスを使用して編み込まれた製品があり、ステンレスロープは耐食性や耐錆性などに優れており、光沢もあるため、見栄えが良く、構造物や園芸などにも使用されています。この他にもメッキ加工された製品や、ナイロンで覆っている製品など、様々な環境に適合したワイヤーロープが開発されているため、どのような用途でどの場所に使用するかといった環境と使用用途によって、ワイヤーロープを選定するのが望ましいと言えます。

また、ストランドの撚り方によってもロープ自体の強度、柔軟性、耐疲労性が異なっており、様々な撚り方と形状があります。ロープの撚り方によっても、メリット、デメリットがあるため、慎重に選定する必要があるようです。