リサイクル

参考資料

資源循環ハンドブック.pdf 参考サイト  
日本の廃棄物処理・リサイクルに関する技術.サイト    

 

リサイクルの考え

平成12年に循環型社会形成推進基本法において3Rの考え方が導入され、「1番リデュース(減らす)」、「2番リユース (繰り返し使う)」、「3番リサイクル (再資源化)」、「4番サーマルリサイクル(熱回収)」、「 5番適正処分」、の優先順位で廃棄物処理およびリサイクルが行われるべきであると定めた。

循環型社会形成推進基本法とは

製品された資源が廃棄物となることを抑制し、製品された資源が再資源となった場合は適正に循環的な利用が行われることが促進され、循環的な利用が行われない資源(廃棄物)については適正な処分が行われ、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される社会を推進する法律である。
また、廃棄物のリサイクル、及び処分は排出事業者の責任となっています。

「1番リデュース(減らす)」:廃材を出来るだけ減らす。
例:道具を大事に使用。道具を修理する。材料の適正な設計。物を壊さない。

「2番リユース (繰り返し使う)」:不要になったものでも出来るだけ繰り返し使用する。
例:使用しない道具などは、販売、譲渡する。

「3番リサイクル (再資源化)」:繰り返し使えないものは資源としてリサイクルする
例:廃材の選別・再利用(資源化)鉄・木くず・コンクリートなど

「4番サーマルリサイクル(熱回収)」:資源として使えないものは、燃やしてその熱を利用する。
例:固形燃料RPF(軟式廃プラ・木くず・紙など)

「 5番適正処分」:リサイクル出来ない資源(廃棄物)は適正に処分をする
例:最終処分場に埋立。

リサイクルとは、

製品化された物を再資源化し原料として再利用することであり、資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれている。

環境基本法

 

日本のリサイクルの法律

環境基本法 資源有効利用促進法 建設リサイクル法
自動車リサイクル法 食品リサイクル法
家電リサイクル法 小型家電リサイクル法  

 

リサイクル参考サイト集