廃棄物

廃棄物とは

ゴミ、粗大ごみ、燃えがら、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体その他の汚物または不要物で合って、固形状または液体状のものです。(※放射性物質及びこれによって汚染されたものを除く)
「占有者が自ら、利用し、又は他人に有償で売却することができないために不要になった物」との解釈が厚生省(当時)環境衛生局環境整備課長通知により示されており、有価物は廃棄物ではないと判断されてます

廃棄物は、大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。

一般廃棄物は産業廃棄物以外の廃棄物をいい、区市町村が処理について責任を持ち、家庭からでるごみ(生活系ごみ)や、一般のオフィスや商店からでるごみ(事業系ごみ)のことを、一般廃棄物といいます。
また、人の健康や生活環境に被害を生じるおそれのあるものを『特別管理一般廃棄物』として厳重に管理することとしています。

産業廃棄物は事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処理法で規定された20種類の廃棄物をいいます。燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物」(第2条第4項第1号)および「輸入された廃棄物」をいいます。

廃棄物の分類