産業廃棄物処理委託契約

産業廃棄物処理委託契約とは

排出事業者が産業廃棄物を他人に委託して処理するには、処理を行う前に排出事業者と処理業者との書面による産業廃棄物の委託契約を結ぶ必要があります。

排出事業者は、委託契約書内で産業廃棄物の名称、数量などを記入し産業廃棄物がどのような経路で運搬され、中間処理場もしくは、最終処理場で処理方法を事前に把握し適切に処理されているか、産業廃棄物を排出した責任を書面で残します。

産業廃棄物処理委託契約は必ず2者間で契約を結びます。

収集運搬業者と中間処理業者もしくは最終処分業者が別業者の場合は、「排出事業者と収集運搬業者」、「排出事業者と中間処理業者もしくは、最終処分業者」の三者契約を結びます。
収集運搬と処分場が同一の場合は、「排出事業者と収集運搬、処分場の業者」の二者契約を結びます。
中間処理業者から最終処分場の場合は、「中間処理場と収集運搬業者」「中間処理場と最終処分場」で契約を結びます。

処理委託契約の5原則

処理委託契約には、5つの決まり事があります。
@二者契約であること
排出事業者は、収集運搬業者、処分業者とそれぞれ契約を結びます。
A書面で契約すること
必ず、書面で契約を交わします。口頭ではいけません。
法定記載事項等に変更が生じた場合も書面で行います。
B必要な項目を盛り込むこと
必要な項目は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃掃法)の「施行令」及び「施行規則」で定められています。
C契約書に許可証等の写しが添付されていること
契約内容に該当する許可証、再生利用認定証等の写しの添付が必要です。
D5年間保存すること
排出事業者には契約終了の日から5年間保存する義務があります。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは

排出事業者(解体工事では工事請負業者)が産業廃棄物の処理を委託する際に、産業廃棄物の名称、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、産業廃棄物が適正に運搬・処理ができているか管理する管理票になっています。
※基本的に排出事業者が発行します。
排出事業者が産業廃棄物を委託する際には、「排出事業者と収集運搬業者」、「排出事業者と中間処分場もしくは、最終処分場」同士で契約を結ぶ必要があります。