石綿含有建築物解体の施工要領・安全手順(準備作業)

石綿含有建築物解体の施工要領・安全手順エクセルデーター

石綿含有建築物解体の施工要領・安全手順(準備作業)
手順
(主なステップ)
急所
(安全・成否 やりやすく)
危険性・有害性
(予測される危険)
危険性・有害性の防止対策 備考
1、作業手順の周知
・作業場所の確認
・KYミーティングの実施
環境・労働災害対策
2、作業場内に作業床を設置する
・脚立足場、可動式足場、ローリングタワー等を設置する

・墜落転倒防止対策をとる
・プラスチックシートで丁寧に養生する
3、仮設機材の搬入 ・プラスチックシートで丁寧に養生する
4、注意表示標識の掲示
・作業場入口の目立つ場所に掲示する

・縦横60cm程度の大きさを確保する
・表示内容
「関係者以外立入禁止」、「石綿含有建材撤去中」、「石綿作業主任者の職務」、「喫煙及び飲食禁止」、「石綿等を取り扱う作業場での石綿の危険性」、等
5、休憩場所、更衣施設等の設置 ・更衣設備は通勤衣と作業衣を区別できるものとする
・エアシャワーの設備又は専用ブラシ、HEPAフィルター付真空掃除機を常備する
・レベル3対応の呼吸用保護具、作業着を使用
6、事前清掃
・床面、窓面に付着している石綿粉塵をHEPAフィルター付真空掃除機や雑巾で清掃する
・作業靴に付着した

・レベル3対応の保護具を使用する
7、施工場所の養生
・石綿粉塵を外部に飛散させないよう窓、換気扇等の開口部をシートでふさぐ
・作業靴に付着した石綿粉塵の外部への移動を防ぐため、作業所の作業所の出入り口に湿潤化した足ふきマット設置する
8、ガスや電気の停止及び
確認
ガス、電気の停止とその確認を行う
・火災、感電災害の防止措置を講じる
チェックリスト等を利用し、完全に停止していることを確認する
9、設備器具、照明器具等の撤去
・取付金具やビスを取り外す


・レベル3対応の保護具を使用する
・湿潤化を考慮する
10、一次保管場所の設定
・一定の場所を設定する
・荷崩れや他の廃棄物との混同を防止するための囲いを設ける
・一次保管場所の見やすい位置に標識を設置



・フレコンパック、シート掛けを行う