石綿含有建築物解体の施工要領・安全手順(本作業)

石綿含有建築物解体の施工要領・安全手順エクセルデーター

石綿含有建築物解体の施工要領・安全手順(本作業)
手順
(主なステップ)
急所
(安全・成否 やりやすく)
危険性・有害性
(予測される危険)
危険性・有害性の防止対策 備考
1、解体建材の湿潤化
・解体石綿建材を十分な散水により湿潤化する

・レベル3の保護具を装着する

・石綿粉塵へばく露

・レベル3対応の保護具を使用する
環境・労働災害対策
2、間切りの壁、襖、障子の撤去
・作業中に、着替え無しで作業場外に出ない ・建材、粉塵が落ちて目を痛める ・保護メガネを使用する
3、天井目地や廻り縁を取り出す。仕上げクロスをはがす
・保護メガネを装着する


4、天井ボードの撤去
・天井材の取付ビスをドライバー等で外す

・バールや切断工具を使用する場合、エアレススプレイヤーで粉塵飛散抑制剤を空中散布しながら解体する

・取り外した石綿含有建材を手渡し作業で行う
・感電災害を防止する
・湿潤化する


・レベル2以上の保護具を装着する
・熱中症を防止する


・保護メガネを使用する



足場が滑りやすくなる為、安全帯を使用して墜落災害を防止する
・天井材が割れ石綿含有粉塵が飛散する







・投下した石綿含有建材が割れ石綿粉塵が飛散する

・上下作業で建材が飛来落下する
・作業台から手すりを乗り越えて墜落する









・手渡し作業を敢行する



安全帯を使用する
・天井材を割らないように手ばらしで丁寧に行う


・事前にレベル2対応の保護具を準備する
5、内部建具、外部建具、巾木の撤去及びクロス剥がし

・下地を破損させないよう表面の巾木及び仕上げクロスを皮スキ等で丁寧に剥がす
6、壁材量取付ビス、釘の撤去
・ドライバーではずす

・バールや切断工具を使用する場合はエアレススプレイヤーで粉塵飛散抑制剤を空中散布しながら解体する


・レベル2以上の保護具を装着する
7、作業後環境測定

・敷地4箇所で測定を実施する
・各自治体の条例による