建築物解体工事共通仕様書(平成24年版):4節  山留め

2.4.1山留めの設置

(a)山留めは,労働安全衛生法,建築基準法,災害防止対策要綱その他関係法令等に従い,安全に設置する。

(b)山留めは,適切な資料に基づき構造計算を行い,地盤の過大な変形や崩壊を防止できる構造及び耐力を有するものとする。

2.4.2 山留めの管理

山留め設置期間中は,常に周辺地盤及び山留めの状態を点検・計測し,異常を発見した場合は,直ちに適切な処置を取り,監督職員に報告する。

2.4.3 山留めの撤去

山留めの撤去は,撤去しても安全であることを確認したのち,慎重に行う。また,鋼矢板等の抜き跡は,直ちに砂で充填するなど,地盤の変形を防止する適切な処置を取る。