3章  解体施工  : 9節  基礎及び杭

3.9.1 基礎等

(a)基礎等は,騒音・振動等に配慮し,分別解体する。

(b)解体に際しては,周辺の状況,土質,地下水の状態等に適した工法とし,関係法令等に従い,適切な法面又は山留めを設ける。山留めを設ける場合は,2章4節[山留め]による。

(c)解体箇所に近接して,崩壊又は破損のおそれのある建築物,埋設物等がある場合は,損傷を及ぼさないよう処置する。

3.9.2 杭

(a)杭の撤去は,特記による。ただし,杭を残置する場合は,杭の種別・杭径,杭の位置,杭頂部高さ等の記録を整備し,監督職員に提出する。

(b)撤去する場合の解体方法は,次の(1)又は(2)により,適用は特記による。

(1)引抜きは,杭と地盤との摩擦を減ずるなど,適切な方法で引抜き作業を行う。引抜き跡には,地盤の安定を維持するため,山砂等を充填する。

なお,引き抜いた杭の処理は,特記による。

(2)破砕する場合は,振動に注意して作業を行う。破砕跡には,地盤の安定を維持するため,山砂等を充填する。