4章  建設廃棄物の処理  :  3節  建設廃棄物の運搬及び処分の委託等

4.3.1 運搬及び処分の委託

(a)建設廃棄物の運搬及び処分の委託契約は,廃棄物処理法の規定により,委託先ごとに,個別に書面で行う。

なお,運搬及び処分を委託した場合は,建設廃棄物の処理の状況に関する確認を行ったうえで,最終処分までの処理が適正に行われるための必要な措置を講ずるものとする。

(b)建設廃棄物の運搬の委託先は,廃棄物処理法で定める事業許可のある産業廃棄物収集運搬事業者とする。

なお,運搬途上で積替え保管を行う場合は,当該廃棄物の積替え及び保管の事業許可を確認する。

(c)建設廃棄物の処分の委託先は,廃棄物処理法で定める事業許可のある産業廃棄物処分事業者とする。

(d)混合廃棄物の処分の委託先は,選別設備を有する中間処理施設又は再資源化施設とする。

(e)建設廃棄物の処理の委託に当たっては,マニフェストを交付し,最終処分が終了したことを確認する。ただし,廃棄物処理法の規定による情報処理センターが運営する電子情報処理組織への登録(電子マニフェスト)により確認を行う場合は,この限りでない

4.3.2 自己処理

(a)受注者等が自らその産業廃棄物を運搬する場合は,廃棄物処理法の規定による「産業廃棄物処理基準」その他関係法令等に従い実施する。

(b)受注者等は,現場内でコンクリート塊の破砕等の処理のため,廃棄物処理施設を設置する場合は,廃棄物処理法の規定による「産業廃棄物処理基準」その他関係法令等によるほか,必要に応じて都道府県知事等の許可を得る。