4章  建設廃棄物の処理  :  4節  再資源化等及び最終処分

4.4.1 再資源化等

(a)建設廃棄物に応じた中間処理施設及び再資源化施設は,特記による。

(b)次の建設廃棄物は,1.3.10[発生材の処理](1)によるものを除き再資源化する。

(1)建設ジサイクル法による特定建設資材廃棄物

(2)金属類

(3)小形二次電池

(c)次の建設廃棄物を再資源化する場合は,特記による。

(1)蛍光ランプ及びHIDランプ

(2)硬質ポジ塩化ビニル管及び継手

(3)ガラス

(d)木材を指定建設資材廃棄物として縮減する場合は,特記による。

(e)(b)及び(c)により再資源化した場合は,再資源化の方法,再資源化されたものの数量,受入れ先等を記載した調書を監督職員に提出する。

(f)建設廃棄物を再資源化し,現場で利用する場合は,特記による。

4.4.2 産業廃棄物広域認定制度

廃棄物処理法による産業廃棄物の広域的処理に係る特例により建設廃棄物を処理する場合は,特記による。

4.4.3 再資源化完了報告書等

特定建設資材廃棄物の再資源化等が完了したときは,建設ジサイクル法による再資源化等完了報告書又は監督職員が指示する様式による再生資源利用促進計画書(実施書)を監督職員に提出する。

4.4.4 最終処分

最終処分する建設廃棄物及び最終処分場は,特記による。