5章  疑義に対する協議

1 設計図書に定めのない事項又は疑義を生じたときは、監督員と協議すること。

2 軽微な変更は、監督員の指示によって行うこと。この場合は、請負金額の増減はしない。