特殊車両通行許可制度

特殊な車両とは、車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、「幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかの「一般的制限値」を超えたり」「橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両」を「特殊な車両」といい、道路を通行するには特殊車両通行許可が必要になります。

参考資料

参考サイト 冊子 法律

 

道路法に基づく車両の制限

道路法では道路の構造を守り、交通の危険を防ぐため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度を次のとおり定めています。この最高限度のことを「一般的制限値」といいます。

※「幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかの「一般的制限値」を超えたり」、「橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両」は、特殊車両になります。

一般的制限値
車両の諸元 一般的制限値(最高限度)
2.5メートル
長 さ 12.0メートル
高 さ 3.8メートル
重 さ 総重量 20.0トン
軸重 10.0トン
隣接軸重 ○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル未満  18.0トン
(ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3メートル以上、かつ
隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のときは19トン)
○隣り合う車軸の軸距が1.8メートル以上  20.0トン
輪荷重 5.0トン
最小回転半径 12.0メートル

トレーラーの車両制限の特例 (特殊車両)

セミトレーラ連結車・フルトレーラ連結車は、通行する道路種別ごとに総重量および長さの特例が設けられています。
※バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ、または自動車の運搬用に限ります。

総重量の特例
道路種別 最遠軸距 総重量の
制限値
備考
高速自動車国道 8m以上 9m未満 25トン 首都高速道路、阪神高速道路、その他の都市高速道路および本州四国連絡橋道路は含まれません。
9m以上 10m未満 26トン
10m以上 11m未満 27トン
11m以上 12m未満 29トン
12m以上 13m未満 30トン
13m以上 14m未満 32トン
14m以上 15m未満 33トン
15m以上 15.5m未満 35トン
15.5m以上 36トン
重さ指定道路 8m以上 9m未満 25トン
9m以上 10m未満 26トン
10m以上 27トン
その他の道路 8m以上 9m未満 24トン
9m以上 10m未満 25.5トン
10m以上 27トン
長さの特例
道路種別 連結車 長さ
高速自動車国道 セミトレーラ連結車 16.5メートル
フルトレーラ連結車 18.0メートル

特殊車両の申請

申請には、次の書類が必要です。また、この他に窓口の道路管理者が必要とする書類を提出して頂くことがあります。
なお、以下の申請書類(自動車検査証の写しを除く)については、インターネットを利用したオンライン申請システムで作成することができます。

書類名 作成部数 (※1) 備考
特殊車両通行許可申請書 1部
(以下添付書類)
車両に関する説明書 2部 新規格車については不要
通行経路表 2部
経路図 2+申請車両数 新規格車についてのみ2部
自動車検査証の写し (※2) 1部
車両内訳書 (※3) 2+申請車両数

※1 オンライン申請の場合は、電子的に申請(送信)するので車両携行書類以外は出力する必要はありませんが、作成内容確認などのため、すべての申請書類を出力することをお薦めします。
※2 オンライン申請では、自動車検査証の写しの添付が不要です。(ただし、車輌等によっては対象とならないものもあります。詳細は国の特車申請窓口にお問い合わせください。)
※3 包括申請の場合に必要となります。

オンライン申請はこちら
申請用紙等の販売窓口はこちら

普通申請と包括申請(複数軸種申請を含む)

普通申請とは、申請車両台数が1台の申請をいいます。
包括申請(複数軸種申請*含む)とは、申請車両台数が2台以上の申請をいいます。ただし、車種、通行経路、積載貨物および通行期間が同じものでなければなりません。

※申請する車両が寸法(幅、長さ、高さ)のみ一般的制限値を超える場合で軸種を問わず包括的に行う申請をいいます。

※複数軸種の包括申請は、寸法(幅、長さ、高さ)においてのみ分割することができないため通行許可の対象となる車輌の場合のみ申請できます。なお、重量が一般的制限値を超える場合は、複数軸種申請はできません。

通行期間を延長したいとき

原則として、上記の申請書類が必要ですが、新規申請時と同一の窓口に申請するときは、添付書類の提出は省略することができます。この申請を「更新申請」といいます。

申請内容を変更したいとき

原則として、上記の申請書類が必要ですが、新規申請時と同一の窓口に申請するときは、変更のない添付書類の提出は省略することができます。この申請を「変更申請」といいます。
たとえば道路災害などで許可された経路が通行できなくなったときに、代わりの経路を通行しようとする場合には、通行経路の変更を申請しなければなりません。

申請・問い合わせ窓口(国の機関)はこちら

往復または片道で申請したいとき

特殊車両通行許可申請書の通行区分欄に「往復(または片道)」を記入します。

往復と復路で車両の状態が異なるとき(積載状態または空車状態)の申請

往路,復路とも一つの申請とする場合
往路、復路とも積車状態で審査され、通行条件が付されて許可されます。

片道ごとに二つの申請とする場合

積車状態(往路)と空車状態(復路)でそれぞれ審査され、通行条件が付されます。この場合、両方の許可証を車両に携帯しなければなりません。

申請書提出

《申請先》

1、出発地から目的地まで一つの道路管理者の道路のみを通行するときには、その管理者の窓口に申請します。
2、国土交通省が管理する一般国道と都道府県が管理する主要地方道などのように申請経路が複数の道路管理者にまたがるときには、いずれかの管理者の窓口に申請することができます。(ただし、政令市以外の市町村には申請できません)

《申請書の提出方法》

オンライン申請の場合、インターネットを利用して、申請データを送信します。

オンライン申請以外の場合は、原則として、申請者本人またはその代理人が、申請する窓口に直接出向いて提出しなければなりません。(詳細は申請窓口にお問い合わせ下さい)

オンライン申請はこちら