作業環境への配慮

第1節 作業環境への配慮

1.整然とした工事現場の維持

(1) 作業場所・資材置場等の資機材は、適宜整理し、残材・不用物は整理・処分し必要資材の整頓に努めること。

(2) 連絡車等は車輪に歯止めをし、整然とした駐車に努めること。また、建設機械の駐機についても整然とした配置に努めること。

(3) 柵等は、常に整備し破損・乱れは放置せず適切な維持管理を図ること。

2.換気の悪い場所などでの必要な措置

(1) 自然換気が不十分な場所で内燃機関を使用するときは、十分な換気の措置を講じること。

(2) 粉じん飛散を防止する措置を講じること。特に、粉じんが発生する場所では、保護具等を使用すること。

3.強烈な騒音を発生する場所などでの必要な措置

(1) 強烈な騒音を発生する場所であることを、標識により示すとともに作業員へ周知させること。

(2) 強烈な騒音を発生する場所では、耳栓等の保護具を使用すること。

4.狭い作業空間での機械施工に際しての安全確保

(1) 施工計画の立案に際しては、作業空間と機械動作範囲・作業能力等を把握し、機械選定などに十分配慮すること。

(2) 空間的に逃げ場がないような場所での機械と人力との共同作業では、運転者・作業員及び作業主任者又は作業指揮者との間で作業方法・作業手順などの作業計画を事前によく検討し、安全確保の対策を立てること。

5.高温・多湿の場所での必要な措置

高温・多湿の夏季の現場においては、熱中症などにならない対策を講じなければならない。

(1) 安全衛生責任者は作業開始前に作業員の健康状態を把握すること。また、作業時間中も適宜休憩をとること。

(2) 休憩する場所は、日よけや風通しを良くするなど、涼しい状態で休憩が出来るようにすること。また、水分・塩分を適度に摂取させるなど対策を講じること。

6.現場内の整理整頓

(1) 現場内の資材等については、常に整理整頓を心掛けること。

(2) 常に必要であると判断される資材等については、取り出しやすい場所に置き、損傷を与えないような措置を講じること。

7.作業環境項目の測定

以下の作業場所では、必要とされる各環境項目の測定を行い、その結果を記録しておかなければならない。

(1) 土石・岩石等の粉じんを著しく発散するような坑内、屋内の作業場などでの粉じん測定。

(2) 炭酸ガスが停滞し、又は停滞するおそれのある坑内の作業場の炭酸ガスの測定、通気設備が設けられている坑内の作業場の通気量・気温・炭酸ガスの測定など。

(3) 酸素欠乏などの危険のある場所における作業場での酸素・硫化水素の濃度測定など。