現場管理

第11節 現場管理

1.施工計画、指揮命令系統の周知

施工計画、指揮命令系統及び作業の順序・方法などをあらかじめ作業員に周知すること。

2.作業主任者の選任

災害を防止するため、現場管理を必要とする作業については、作業の区分に応じて免許を受けた者又は技能講習を修了した者を作業主任者として選任し、作業員の指揮を行わせること。

3.作業指揮者の選任

(1) 車両系の機械を使用する作業では、指揮者を定め作業計画に基づきその作業を指揮させること。

(2) 作業指揮者は、作業が作業手順どおり行われているか、また状況の変化により作業方法を変更しなければならないかを見極めるため、必要に応じ適切な措置を講じること。

4.有資格者の選任

クレーンの運転、玉掛作業など有資格者を必要とする作業には、必ず有資格者をあてるとともに、技能の確認を行うこと。

5.保護具等の着用と使用

作業に携わる者は、作業に適した服装を身に付け、保護具等を携帯し必要時には必ず使用すること。

6.水上作業時の救命具

(1) 水上作業には、必ず救命具を揃えておくこと。

(2) 水中に転落するおそれのあるときは、救命具を使用すること。

7.非常事態における応急処置

非常事態の発生時における連絡の方法、応急処置の方法などを作業員に周知すること。

8.危険箇所の周知

架空工作物、特に高圧電線等は、その危険性について作業員に十分認識させること。

9.作業環境の整備

材料の置場は、作業に適した場所を選定し、通路・非常口・分電盤・操作盤等の前面は避けるとともに、常に整理整頓に努めること