墜落防止の措置

第5節 墜落防止の措置

1.足場通路等からの墜落防止措置

(1) 高さが2m以上の箇所で作業を行う場合は、足場を組立てるなどの方法により安全な作業床を設け、手すりを取り付けること。

(2) 作業床、囲い等の設置が著しく困難又は作業の必要上から臨時に囲い等を取り外す場合は、防護網を張り作業員に安全帯を使用させるなどの措置を講じること。

(3) 足場及び鉄骨の組立て・解体時には、安全帯が容易に使用できるよう親綱等の設備を設けること。

(4) 足場等の作業床は、常に点検し保守管理に努めること。この際に、工事の進捗、現場条件などにより変化していく工事現場においては、日々該当する場所、作業の種類な
どに応じて適切な方法をとり、安全確保を図ること。

(5) 作業場に通ずる場所及び作業場内には、安全な通路を設け、常時有効に保持すること。また主要な通路には、通路であることを示す標示をすること。

(6) 坑内あるいは夜間作業を行う場合には、通路に正常の通行を妨げない範囲内で必要な採光又は照明設備を設けること。

(7) 通路面は、つまずき・滑り・踏み抜きなどの危険のない状態に保持すること。

2.作業床端・開口部からの墜落防止措置

(1) 高さが2m以上の作業床の端・開口部等には、必要な強度の囲い・手すり・覆い等を設置すること。

(2) 囲い等を設けることが著しく困難な場合、又は作業の必要上臨時に囲い等を取り外すときは、安全確保のため防護網を張り、安全帯を使用させるなどの措置を講じること。

(3) 床上開口部の覆いの上には、原則として材料等を置かないこととし、その旨を標示すること。

(4) 柵、覆い等をやむを得ず取り外して作業する場合には、当該場所への関係作業員以外の立入を禁止する標識を設置し、監視員を配置すること。また、取り外した囲い等は、作業終了後直ちに復旧すること。

3.掘削作業における墜落防止措置

(1) 墜落のおそれのある人力法面整形作業などでは、親綱を設置し、安全帯を使用させること。その際、親綱の上方法面との接触による土砂等の崩壊などが生じないように配慮すること。

(2) 高さ又は深さが1.5m以上の箇所を昇降する必要のある場合には、安全な昇降設備を設けること。施工上当該措置を講じ難いときは、親綱を設置し安全帯を使用させること。この場合、親綱の固定部は、ゆるみなどが生じないよう十分安全性について確認すること。

(3) 法肩を通路とする際には、転落防止柵等を設けること。

(4) 土留・支保工内の掘削には、適宜通路を設けることとし、切ばり・腹起し等の土留・支保工部材上の通行を禁止すること。

4.作業員に対する措置

(1) 新規に入場した作業員に対しては、当該現場の墜落危険箇所及び墜落のおそれのある作業について、事前に安全教育を実施すること。

(2) 墜落防護工の無断取り外しの禁止について教育し、監督指導すること。

(3) 安全帯等保護具の保管管理について指導すること。

(4) 高所作業に従事する作業員については、年齢・体力などに配慮し、特に健康状態を確認して配置すること。

(5) 高所の作業においては、未熟練者・高齢者の配置は避けること。

安全帯の種類と特性

[1]胴ベ ル ト 型 安 全 帯

一本つり専用(ロープ/ストラップ式)

主に建設現場で使われるもので、安定した足場があり身体を支える必要のない作業で使用する。

一本つり専用(ストラップ巻き取り式)

使用しないとき、ランヤードを巻取り器に収納できる安全帯。巻取り器には墜落阻止時の落下距離を最小限に抑える自動緊張機能・自動ロック機能付きもある。

一本つり専用(常時接続型:通称2丁掛け)

フック掛け替え時、無胴綱状態を防止できるよう2本目のランヤードを装備した安全帯。1本吊り専用のためU字つりができない構造となっている。

U字つり専用

主に配電工事など、安定した足場がなく身体を支える必要のあるU字つり作業でのみ使用できる。

1本つり/U字つり兼用

安全帯で身体を支える必要があるU字つり作業と身体を支える必要のない1本つり作業の両方に対応できる。

1本つり/U字つり兼用(常時接続型:補助フックつき)

1本つりとU字つりの両方に対応でき、フックの掛け替え時、無胴状態を防止できるようランヤードの両端にフックを設けた安全帯。

垂直面用

ビル外壁等の垂直面での作業で、主にブランコ・垂直親綱・スライド等と併用して使用する安全帯

傾斜面用

足場の不安定な傾斜面での作業で、親綱・グリップ等と併用して使用する安全帯。

ハーネス型安全帯

墜落阻止時の衝撃を身体の腿、肩、腰等の複数箇所に分散し、身体にかかる負担を低減する安全性の高い安全帯