飛来落下の防止措置

第6節 飛来落下の防止措置

1.飛来落下防護

工事現場の境界線から水平距離5m以内で、かつ地盤面から高さ7m以上の場所で工事を行うときは、落下物による危害を防止するため必要な部分を鉄網や帆布で覆うこと。

2.ネット・シートによる防護

(1) 構造物の出入口と外部足場が交差する場所の出入口上部には、飛来落下の防止措置を講じること。また、安全な通路を指定すること。

(2) 作業の都合上、ネット・シート等を取り外したときは、当該作業終了後速やかに復元すること。

(3) ネットは目的に合わせた網目の物を使用すること。

(4) ネットに網目の乱れ・破損がある物は使用しないこと。また、破損のある物は補修して使用すること。

(5) シートは強風時(特に台風時)には足場に与える影響に留意し、巻き上げるなどの措置を講じること。

3.落下防護棚による防護

(1) 金網等を取り付ける骨組みは、十分な耐久力を有する構造とすること。

(2) 防護棚は骨組みの外側から水平距離で2m以上突出させ、水平面とのなす角度を20度以上とすること。(建設工事公衆災害防止対策要綱・建築工事編)

4.投下設備の設置

(1) 高さ3m以上の高所からの物体の投下を行わないこと。

(2) やむを得ず高さ3m以上の高所から物体を投下する場合には、投下設備を設け、立入禁止区域を設定して監視員を配置するなど、危険を防止するための措置を講じること。

(3) 投下設備は、ゴミ投下用シュート又は木製によるダクトシュート等のように、周囲に投下物が飛散しない構造とすること。

(4) 投下設備先端と地上との間隔は、投下物が飛散しないように、投下設備の長さ・勾配を考慮した設備とすること。

5.高所作業・掘削箇所周辺の材料等の集積

(1) 足場・鉄骨等の物体が落下し易い高所には物を置かないこと。また、飛散物を仮置きする場合には、緊結するか箱・袋に収納すること。やむを得ず足場上に材料等を集積する場合には、集中荷重による足場のたわみなどの影響に留意すること。

(2) 作業床端、開口部、法肩等の1m以内には集積しないこと。作業床の開口部等では、幅木等により落下を防止する措置を講じること。

(3) 杭・コンクリート管等曲面のある材料を集積する際には、転がり防止のため歯止めなどの措置を講じること。

(4) ベニヤ板等風に飛ばされ易い材料については、ロープ等で縛るなどの飛散防止の措置を講じること。

6.上下作業時の連絡調整

(1) 上下作業は極力避けること。やむを得ず上下作業を行うときは、事前に両者の作業責任者と場所・内容・時間等をよく調整し、安全確保を図ること。

(2) 上下作業は、飛来落下の危険を生じるおそれがあるため、適切な防護措置を講じ安全確保を図ること。

(3) 防護措置が困難な場合には、監視員・合図者等を適宜配置すること。

安全作業の確保

(安衛則362条)

埋設物等による危険の防止の措置を講じる。

(安衛則367条)

必要な照度を保持する。

(安衛則363条)

ガス導管、地中電線路等、地下工作物の損壊のおそれのあるときは、掘削機の使用禁止。

(安衛則364条)

運搬機械、掘削機械、積込機械の運行の経路、積卸しへの出入の方法を定め労働者に周知。

(安衛則361条)

崩壊、落下による危害防止のため支保工、防護網を設け立入禁止措置を講じる。

(安衛則365条)

機械が後進して労働者の作業箇所に接近、又は転落するおそれがあるときは、誘導員を配置する。

(安衛則358条)

点検者を指名し、その日の作業開始前、大雨、中震(震度4)以上の地震後、作業箇所及びその周辺の地山について点検させる。

(安衛則366条)

保護帽の着用。