積算

参考資料

公共建築工事標準単価積算基準 社団法人 日本建築積算協会.ホームページ

積算とは、数字を次々に加えて計算していく計算方法で、一般的には積算、数学的には総和と呼び、主に経済の分野において、建築物等の価格算出方法の一つです。
建設業界等では、工事にかかる費用を積み上げて計算するのが一般的となっており、歩掛(材料・労務・機械経費等)に基づいて全ての工事費の総額を計算します。

通常、店頭に販売されている商品はあらかじめ設定した売価がある場合が多く、その価格は商品を生産して流通、販売するまでにかかるコスト(製造費や流通経費等)に製造者や販売者が利益を上乗せした金額となっており、大量生産などの手段によって原価を一定に計算することが多く、自然に価格が確立する場合が多いのです。
しかし、建設工事等の現地における単品での受注生産の場合、工事の条件(設計、気象や環境、施工方法等)によって費用が変動してしまうことが多く、そのため、買い手にとって値段の相場が判断しにくくなっており、受注者も原価を一定にするのが難しいという側面があります。従って、その工事費用を決定するために積算が必要となります。

また、国や地方自治体などが発注する工事は、発注者が自ら積算し、予定した価格を決定して入札をしますが、民間工事の場合、請け負った者が積算し、提出する見積書と話し合いによって契約することが一般的です。
公共工事の予定価格を積算する際、工事費の各費目についての定義と算定方法を明確にする必要があり、この一定の基準のことを積算基準と言います。
建設物における積算に関連する資料等については、建設物価調査会が、労務単価や建設資材の単価など、標準的な資材の単価を地域別に調査し、出版しています。 公共工事、民間工事の積算を行う際は、このような根拠となるデータ資料に基づいて積算します。

以前は、積算基準や単価については、非公開資料として取り扱われることも多かったようですが、現在では情報公開、積算内容の明確化などの観点により、積算基準が一般にも販売されており、閲覧も可能になっている場合が多いようです。
積算基準は年度毎に見直しがある場合が多く、年度によって内容が変化していることがあるので注意が必要です。

積算とは、一般には数値を次々に加え合わせていくこと、またその合計であるが、建設業界における積算とは、工事を施工するのに必要な金額を材料費、労務費及び経費等を積み上げ算出することである。

建設工事は、発注者は選択肢が少なく値段が高いのか安いのか判断しにくい。また、請負者は原価を一定にすることが難しく、流通価格は有って無いようなものであるため、工事費を確定するには積算が必要である。官公庁が発注する工事は法律に基づき、発注者が積算して定めた予定価格で入札をするが、民間の工事においては、請負者が積算し作成する見積書をもとに契約することが多い。

建設リサイクル法の対象建築物の解体工事においての積算の手順について述べる。まず、作業場所、搬出経路、残存物品の有無、付着物の有無など、対象建築物の事前調査を行う。そしてその調査結果をもとに工法の選定、仮説計画、資機材搬出入計画、安全計画、廃棄物処理計画、工程などの解体工事計画をたてる。積算は、事前調査、解体工事計画に基づいて行う。