社会保険

参考資料

社会保険の加入に関する下請ガイドライン(案)

社会保険とは、社会保障のひとつであり、生活する上での病気や高齢化、労働災害や失業などのリスクに備える機能をもつ保険で、事前に強制加入になります。その結果、様々なリスクが起こった時、現金や現物給付により、国民の生活を保障し、お互いを助けある仕組みとなっています。
現在日本国内の社会保険は、「医療保険」、「年金保険」、「介護保険」、「雇用保険」、「労災保険」が挙げられます。

医療保険とは、病院などの医療機関で発生した医療費を一部を保険者が給付する保険です。
高額になりやすい医療費は、医療費によって貧困になることがないように作られている保険で、国民の生活の安定を目的としています。

これには、強制で加入しなければならない公的医療保険と、任意加入の民間医療保険があります。
年金保険とは、保険の仕組みを使用して保険料を年金として分配する制度で、俗にいう個人年金と呼ばれていますが、ここでは公的年金の含みも持たせています。

介護保険とは、介護を理由として支給される保険のことで、公的介護保険と民間の介護保険があります。
社会の高齢化に適応するために作り出された社会保険制度となっています。

雇用保険とは、労働者が失業した場合、雇用の継続が困難となる理由がある場合に必要な給付を行う保険です。
雇用保険は、労働者の職業の安定と、その生活の安定を目的としています。

最後に労災保険とは、正式には労働者災害補償保険と呼び、労働者災害補償保険法に基づき、業務中であったり通勤時において災害にあった労働者や遺族の方に給付を行う保険です。

これらを総じて社会保険といいます。

社会保険は、各種の保険集合体が、グループ構成員に対し強制加入を求め、全ての国民(国民皆保険・皆年金)が加入しなければならないものとなっています。保険料中心に予算立てしている社会保険ですが、保険料以外にも財源として国庫負担金があり、医療保険、介護保険の場合、一部負担金も財源の一部となっています。このような広く社会保険に対する様々の保険料を社会保険料と言います。