労働安全衛生法

労働安全衛生法  
労働安全衛生法.ホームページ Wikipedia.ホームページ

労働安全衛生法とは、労働者の安全と衛生についての法律で、労働基準法と重なって労働災害の防止をするための危害防止基準を確立し、明確に責任の所在を明らかにします。

また、自主的な活動を促すなど、災害防止に関わる全般の対策を施すことによって、職場で働いている人達の安全と、健康の確保、快適な職場の環境を整えることを目的としている法律です。(法令番号:昭和47年法律第57号)

以前は労働基準法に労働者の安全と衛生の規定が定められていましたが、これを独立させ、分けて作られるようになったのが、この労働安全衛生法です。
そのため、この法律と労働基準法は同じような関係性にあり、これらの法律に関わる法律として、労働者災害補償保険法があります。

労働基準法は、主に労働災害が起きてしまった後の補償の関係を定めている法律であり、労働者災害補償保険法とは、補償を保険で補うための労災保険のことについて定めている法律です。

労働安全衛生法で定められている内容の事業者が講ずべき対策を一部紹介します。

事業者は、労働安全衛生法で定めている労働に関する災害防止のための最低基準を守り、適切な労働環境の実現と労働条件の改善、労働者の安全と健康を確保しなければならず、労働災害を防止することに関する国の施策に協力しなければなりません。
労働災害とは、労働者の就業に関わる建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉塵等によって労働者が業務中に負傷や疾病・死亡することを指します。

このように、労働安全衛生法は、事業者に対する労働災害の防止、職場の環境改善、労働者の健康障害の防止に伴う機械や危険物について等を定める条文が多く、その条文の数は1500条以上あります。この労働安全衛生法を主体とし、労働安全衛生法施行令で細かい規定を行っています。

実際の仕様などは、労働安全衛生規則(略称:安衛則)で定められています。

この法律の主な内容は、安全衛生管理体制、労働者の危険又は健康障害を防止するための措置、機械等及び有害物に関する規制、労働者の就業に当っての措置、健康の保持増進のための措置、安全衛生改善計画等、事業者と労働者の義務などが、基本的な労働安全衛生法の概要になります。