廃棄物処理法

廃棄物の処理及び清掃に関する法律

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令

廃棄物処理法とは、廃棄物の処理の適正化と排出抑制のために制定された法律で、廃棄物の処理及び清掃に関する法律のことを一般的に廃棄物処理法、廃掃法と呼びます。
廃棄物処理法は、環境を清潔にすることにより、公衆衛生の向上するということと、廃棄物の適正な処理、排出を抑制することを目的としています。

その内容は、産業廃棄物とはどういったものかという定義、一般廃棄物の処理、産業廃棄物の処理が主な定めとなっており、その対象として国民や事業者、国や地方公共団体の責務が記述されているものが多いです。

この法律では、ごみ、糞尿、廃油、動物の死体などの汚物、または不要物であり、固形状、液状になっている物質のことを、廃棄物の定義しており、一般廃棄物と産業廃棄物に区分されています。
一般廃棄物は、産業廃棄物以外の廃棄物のことを指しており、家庭から出される廃棄物や、事業者から出される産業廃棄物以外の廃棄物のことを言います。

一般廃棄物の収集・運搬・処分は市町村の管轄で責任を担っており、市町村が自ら行うのが原則です。
しかし、市町村で処理を行うことができない場合は、一定の要件を満たした業者の申請により、ごみ処理基本計画に基づいて、一般廃棄物処理業の許可を与えることができるようです。
また、産業廃棄物は、事業の活動によって発生した廃棄物のうち法律や政令で定められている廃棄物のことを言います。
輸入された廃棄物も産業廃棄物として定められています。
そのうち、爆発性のあるものや、毒性、感染性があるものに関しては特別管理産業廃棄物(とっかん)と呼んでおり有害な廃ポリ塩化ビフェニル、汚染物などは特定有害汚染物と言います。

産業廃棄物は一般廃棄物とは違い、排出事業者に処理責任が課せられます。法的な取り扱いが異なるので、市町村等の一般廃棄物用の施設では処理することができません。産業廃棄物を処理するためには、許可を受けた産業廃棄物処理事業者に処理を依頼することになっています。